Table of Contents

①HSS型(刺激追求型)HSPとは
➁HSS型HSPが「天才」「変わっている」と言われる理由
③HSS型HSPの有名人
④HSS型HSPの独自の特徴
⑤HSPとの関係
⑥HSS型HSPの人が持つ才能
⑦HSS型HSP本人が自分を天才だと思いにくい理由
⑧HSS型HSPとの向き合い方
⑨HSS型HSPの特性の活かし方
⑩まとめ

①HSS型(刺激追求型)HSPとは

HSPの中のちょっと特別なグループ

HSSとは、「High Sensation Seeking」の略で「刺激追求型」という意味になります。これらの人々は、日常に小さなスパイスを加えることを好むんですね。

HSPは非常に敏感な人の総称で、その中で細かく分類されるのがHSSやHSEです。

・繊細 + 刺激を求めない + 内向的=HSP
・繊細 + 刺激を求める + 内向的=HSS型HSP
・繊細 + 刺激を求める + 外向的=HSS型HSE
・繊細 + 刺激を求めない + 外向的=HSE

このように、HSPはそれぞれの性質によって4つのカテゴリに分けられることがあります。この複雑ながらも魅力的な分類は、HSPの多様性を表しています。

HSS型HSPの世界は、常に新しい発見と驚きに満ちています。普通の人が見過ごしがちな日常の中にある小さな刺激を見つけ出し、それを楽しむ天才です。

この独自の視点を通じて、世界を新しい目で見ることができるかもしれませんね。

➁HSS型HSPが「天才」「変わっている」と言われる理由

小さな宝石のような特別な輝き

世界を独自の視点で見ることができ、その感受性の深さが「天才」とか「変わっている」という言葉を引き出すのです。

心の窓から見える美しい景色

HSS型HSP気質の人の心は、普通の人が見逃してしまうような繊細な感情や美しさを捉えます。まるで小さな花びらが風に揺れる様子を見つけるように、細やかな感覚で世界を感じ取るのです。

色とりどりの想像力

日常の小さなことから、鮮やかでユニークなアイデアが生まれます。彼らの創造力は、まるで虹のように多彩で、見る人を驚かせます。

新しい道への好奇心

未知のもの、新しい体験に心を躍らせる特性は、人生の旅路において常に新しい道を見つけ出します。それが、HSS型HSPの行動を「天才的」と言わせる源です。

柔らかく揺れる思考

考え方に固執せず、新しい視点を受け入れる柔軟性を持っています。まるで柳の枝のように、風に合わせて優雅に揺れ動くのです。

深い海のような内省

自分の内面をじっくりと見つめ、その深い部分に潜ることで、自己理解を深めます。この深い内省が「変わっている」という印象を与えることがあります。

HSS型HSPの内面は、静かな湖面のように穏やかで、同時に深く謎めいています。

③HSS型HSPの有名人

たった6%の天才

レオナルド・ダ・ヴィンチ: 多岐にわたる興味と深い洞察力を持ち、様々な分野で革新を遂げたことがHSS型HSPの特性と一致する可能性があります。

マリー・キュリー: 科学への深い興味と献身、そして新しい発見への情熱は、HSS型HSPの特徴を反映しているかもしれません。

スティーブ・ジョブズ: 革新的な考え方と新しい技術への強い興味が、HSS型HSPの特性と一致する可能性があります。

J.K.ローリング: 創造的な文学作品を通じて広範な想像力を示し、新しい世界を創造したことが、HSS型HSPの特性に合致する可能性があります。

国内では、田村淳さん、最上もがさん、ベッキーさん、EXILE ATSUSHIさん、松本人志さん、中島健人さんがHSS型HSPの特性と言われています。

④HSS型HSPの独自の特徴

細やかな感覚と豊かな感情

微細な変化に敏感で情緒的な深さを持ち、新しい刺激や冒険に心を躍らせ、そこからインスピレーションを受けることが多いです。

 

好奇心が旺盛

新しいことに対して非常に好奇心が強く、新しい知識、体験、場所、人々に対する強い関心を持っており、これが行動の動機となります。

刺激に出会えないとモヤモヤする

新しい刺激や変化を求めるため、日常が一定のルーチンに陥ると、退屈や不満を感じることがあります。この「モヤモヤ」は、新しい刺激を求める内なるドライブの表れです。

器用で効率化が得意

多様な興味や活動に対応するために、タスクを効率的に処理する能力を持っているので、新しい状況に迅速に適応し柔軟な思考を用いて問題を解決することが得意です。

よく考え、即行動

状況によっては深く考え込むこともありますが、新しい刺激に対する好奇心から即座に行動に移すことが多く、このバランスは、直面する状況や感情の状態によって変わります。

熱しやすく冷めやすい

新しい興味や活動に対する熱烈な関心は、しばしば熱しやすい性質として現れます。しかし、一度興味が薄れると素早く次の興味へと移行します。

人と違うことをしたいけれど目立ちたくない

独自性や独創性を重んじる一方で、目立ちたがり屋ではないことが多いです。自分自身を表現することを重視しつつも、他人の注目を避けます。

人に好かれる

敏感さと共感力は、他人との強い絆を築くのに役立ちます。他人の感情やニーズに敏感であり、これが人々に好かれる要因の一つとなります。

周りの目を気にして、本当の自分を隠す

敏感さから、他人の期待や評価を深く気にします。これにより、時には自分の真の感情や考えを隠すことがあります。

独立志向がある

自分の価値観や興味に基づいて行動することを好み、自分自身の決定に大きな価値を置き、独立して行動する傾向があります。

 

※これらの特徴は個人差があることも理解しておくことが重要です。また、すべてのHSS型HSPに当てはまるわけではなく、各個人によって異なる表れ方をします。

⑤HSPとHSS型HSPの関係

共通しているのは深い感受性

HSPは一般的に感覚が細やかで、感情の起伏に敏感です。この感受性はHSS型HSPにおいても同じで、この敏感さを新しい経験や冒険への興味と組み合わせます。

繊細で刺激に敏感

共に環境や周囲の感情、細かな変化に非常に敏感です。小さな刺激や環境の変化が感情や行動に大きな影響を与えます。

多くのことを考える

HSS型HSPは深く物事を考える傾向があります。状況や人間関係、生活の意味などについて、他の人よりも多くの時間を思考に費やします。

疲れやすい

高い感受性のため、HSPとHSS型HSPは、感覚的な過負荷によって疲れやすいです。特に繁忙な日や感情的に充実したイベントの後には回復のための休息を必要とします。

「狭く深く」を好む

HSS型HSPは一つの分野や趣味に深く没頭します。興味の対象に対しては深い理解と情熱を示し、その領域において詳細な知識や技能を身につけます。

感受性が豊かで共感力が高い

HSPもHSS型HSPも感受性が豊かで、他人の感情やニーズに対して高い共感力を持っています。この共感力は、他者との深い結びつきを築くのに役立ちます。

直感が優れている

HSPとHSS型HSPは、直感が非常に優れており言葉にされない微細な感覚や雰囲気を感じ取り、それに基づいて行動します。

これらの共通点は、HSPとHSS型HSPが日常生活でどのように感じ、反応するかを理解する上で重要です。

感受性は強みであり、同時に、直面する挑戦の源でもあります。

⑥ HSS型HSPの人が持つ才能

感受性と好奇心で多くの才能を発揮

これには、創造性、洞察力、柔軟な思考、独特の視点などが含まれます。世界を独自の方法で解釈し、新しい発見や創造をもたらします。

幅広い知識と経験を得やすい

新しい体験や知識に対する好奇心が旺盛なため、さまざまな分野について学ぶ機会を積極的に求めます。このため多岐にわたる知識と経験を蓄積します。

発想力があり、すぐ行動に起こせる

創造的で柔軟な思考を持ち合わせており、独自の視点から革新的なアイデアを生み出します。また、新しいアイデアを実行に移すための行動力も持っています。

大抵のことは手際よくこなせる

多様な興味や活動を効率的に処理する能力を持っており、さまざまなタスクやチャレンジを手際よくこなすことができます。

洞察力がある

周囲の環境や人々の感情、状況の変化に対して深い理解を持ち、状況や問題に対して鋭い洞察を示すことができます。

常識があり、礼儀正しい

社会的なルールや礼儀を重んじる傾向があり、これにより他人との関わりの中で礼儀正しく振る舞うことが多いです。

人間関係を良好に保つことができる

高い共感力と社会的洞察力により人間関係の中で他者のニーズや感情を理解し、適切に対応することができ、人間関係を良好に保つ能力が高いです。

これらの才能は、HSS型HSPが持つ特性を活かし、個人的および職業的な成功を達成するための鍵となります。

⑦ HSS型HSP本人が自分を天才だと思いにくい理由

自己評価が低く才能を認識しにくい

HSS型HSPは内省的で、自分の感受性や好奇心が普通とは異なることを自覚していないことが多いです。また、深い感情や敏感さが、自己認識を難しくしていることもあります。

HSP特有の悩みがある

高い感受性のために、他人の感情や微細な環境の変化に非常に敏感で、過剰な情報処理によるストレスや、感情の過敏性による悩みを抱えます。

自分の感受性を弱点と捉えがちで、それが自信の欠如や自己評価の低さにつながります。

加えてHSS型HSP特有の複雑な悩みがある

HSS型HSPは、HSPの特性に加えて高い刺激追求の欲求を持っています。

この両方の特性のバランスを取ることは複雑であり、時には内部で矛盾を感じることがあります。

例えば、新しい経験や冒険を求める一方で、過剰な刺激によって圧倒されやすいというジレンマが生じます。

このような複雑な内面のバランスは、自己認識に影響を与え、自分の特性を正確に評価するのが難しくなります。

自分を天才だと思わないようにしている

自分の特異な才能や能力に気づいていないか、それを過小評価しています。

自分の感受性や好奇心を普通のことだと思っており、その特異な才能を認識していないことが多いです。

また、社会的な期待や「天才」という言葉に影響され、自分の能力を控えめに見せる傾向もあります。

この結果、自分の特性や能力を最大限に活かすことに消極的になります。

HSS型HSPが自分を「天才」と認識しづらいのは、感受性の高さ、内部の複雑な感情、そして社会的な期待との調和を求めるためです。

⑧ HSS型HSPとの向き合い方

感受性を理解し受け入れる

感情や感覚に対して共感を示し、安心できる環境を整えることが大切です。

休息を取る

十分な休息は非常に重要で、静かで落ち着いた環境でリラックスする時間を持つことは、ストレスを減らし、エネルギーを回復するのに役立ちます。

特性を理解し、受け入れる

自分の特性を認識し、それらが自分の感情や行動にどのように影響を与えるかを理解することは、自己受容への第一歩です。

また、自分の特性を受け入れることで、ストレス管理や自己ケアを効果的に立てることができます。

自分の本当の気持ちに目を向ける

自分の感情や欲求に耳を傾け、何が重要であるかを理解することが大切です。

それによって自己認識を高め、個人的な幸福とバランスを見つけるのに役立ちます。

⑨ HSS型HSPの特性の活かし方

感受性や好奇心はポジティブな力

創造的な活動や新しい体験へと導くことが重要です。

また、過度な刺激やストレスから自分を守るための方法を見つけることも、自己ケアの一環として役立ちます。

人付き合い

深い共感力と豊かな感受性を活かして、人間関係で深いつながりを築くことができます。

他人の感情を敏感に察知し、支援することで、信頼関係を深めることができます。

恋愛

パートナーの感情に対して敏感であるため、深いつながりを築くことができます。

ただし、感情の起伏に注意し、自分の感情にも意識を向けることが大切です。

SNS

新しい情報やアイデアを共有し、さまざまな人々とつながることができます。

ただし、過剰な情報やネガティブな反応によるストレスを軽減するために、SNSの使用を適切に管理することが重要です。

仕事

新しい挑戦や創造的なプロジェクトに取り組むことで、その才能を最大限に発揮できます。

新しいアイデアを生み出し、独自の視点から問題を解決する能力を発揮します。

しかし、ストレスの管理と自己ケアにも注意を払う必要があります。

副業・趣味

新しい趣味や活動に積極的に取り組むことで、自分の興味や才能をさらに発展させます。

趣味や副業は、ストレスの解消や自己表現の手段となり得ます。

自己認識と自己ケアを通じて自分の素質を生かし、充実した生活を送ることができます。

⑩ まとめ

多くの才能を発揮できる特別な存在

感受性と好奇心は、自分自身だけでなく、周囲の人々にも新しい視野を提供します。

HSS型HSPの特性を理解し、受け入れ、支援することで、才能を最大限に引き出すことが出来ます。