簡単なアンケートに答えてゲットしよう!
72時間限定公開

失敗なんてしない!
という方は手にしないでください

あなたが手にする5つの法則は?

法則1

脳は立体的で官能を刺激する宇宙をつくっている

脳は私たちの頭の中にある大切な器官で、私たちの五感から情報を受け取り、周りの世界を理解し、楽しい体験を可能にします。

また、感情を生成し、調整し、私たちが何をするかを考え、行動を決定し、想像力を駆使して新しいアイデアを考えたり物語を作ったりすることもできます。

要するに、脳は私たちの生活を豊かにし、感覚、感情、考え、行動、想像力などさまざまな仕事を通じて私たちをサポートする大切なパートナーです。

法則2

体感してみよう!  見えているものは実際の姿ではない?!

「見えているものは、脳が受け取った情報を解釈し、再構築したもので、実際の姿とは異なる」ということです。私たちは外界の情報を脳が処理し、自分たちの経験や知識に基づいて物事を理解します。そのため、私たちの知覚は実際のものとは異なる可能性があります。

そして「失敗」に関しても個性の違い、経験と教育、価値観、心の強さなどの要因に影響され、同じ状況でも異なる反応や学び方があるのです。

法則3

脳内の「パブロフの犬」を変えてみよう!

□失敗の受け止め方を変える
□苦労して手に入るものほど人は価値を感じる
□あなたの無意識な意思で聞こえる内容が変えられている
□人は多数派に同調して誤りを選んでしまう
□人の性格は環境や役割で大きく変わってしまう
□不満をやわらげ、幸せを感じるため記憶は無意識のうちに編集される

法則4

あなたの脳内パブロフの犬はどんな状況?

感情は、特定の出来事や刺激に対して、自分たちが気づかないうちに自動的に生じることがあります。たとえば、驚いたり怖がったりする反応、嬉しいことに笑顔を浮かべることがあります。これらの感情の反応は、私たちがコントロールしにくいこともあります。

また、習慣と呼ばれるものもあります。これは、過去の経験に基づいて、特定の刺激に対して自動的に反応することです。例えば、毎日の歯磨きや車の運転など、繰り返し行う行動があり、これらはほぼ無意識に行われます。

さらに、ストレスに対する身体的な反応も無意識的です。ストレスが発生すると、心臓の鼓動が速くなったり、血圧が上がったりする身体の変化が自動的に起こります。

社会的な相互作用においても、無意識の反応が働きます。例えば、他人の表情や声のトーンに基づいて、無意識に感情や態度が形成されることがあります。

つまり、感情や習慣、ストレス、社会的なやり取りにおいて、自動的で制御しにくい反応が私たちに影響を与えることがあるのです。

法則5

人間の脳が"錯覚"をつくりだす本当の理由

人間の脳は、私たちが感じたり見たりする情報を処理する大事な部分です。

しかし、脳は完璧ではなく、いくつかの理由から「錯覚」と呼ばれる誤解が生まれることがあります。

脳は私たちの五感からの情報を受け取りますが、この情報は限られていて、実際のものとは少し違って見えたり感じられたりします。

また、過去の経験や期待が脳の判断に影響し、予測と異なる出来事が起きると、脳は誤解を起こすことがあります。

さらに、個人ごとに脳の働き方が異なるため、同じ刺激に対しても人によって異なる反応が生まれます。

脳は情報が不足している場合、情報を自動的に補完しようとし、それによって錯覚が生じることもあります。

最後に、脳は情報を迅速に処理するために、一部の情報を省略することがあり、それが錯覚の原因となることもあります。

簡単なアンケートに答えてくださった方限定 無料プレゼント中!

期間限定:12月25日 23時59分まで
終了まで残り です。

※ご登録メールにお送りします。